小学5年部のみんな&その保護者様方へ…

先週の金曜日に渡した冬休み課題を、本日の授業で忘れて行ってしまった子がいます(^^;)

S__14884866.jpg

章末問題&チャレンジ問題にチャレンジする気満々のメモと、定規を使ったていねいなマーキング、

そしてこの字は「すみP」な気がするのですが…

どこから出てきたか定かでないので(※明日3Sの生徒に聞いてみます)、これをご覧になった保護者様は、

冬休み課題の紙、塾に忘れてない!?

と聞いていただけると幸いですm(_ _)m

冬休み前最後の通常授業を終えた今日から、よし、宿題にさっそく取り組む!という宣言をしてくれた子も多かったです。

見つかった場所から持ち主を逆探知(?)でき次第ご連絡差し上げますが、塾で保管しておきますので、

自分のだorうちの子のだ と分かり次第 いつでも取りに来ていただいて大丈夫ですのでm(_ _)m

よろしくお願い致します。



ところで、現在の小学5年生のメンバーと言えば、大半が3月末の春期講習から共に歩んできたメンバー。

夏期講習前後を境にして、2名が仲間になり、より個性を増して(笑)年内最後の通常授業を終えました。

今年の5年生を一言で表すとすると…

マジ素直

です。突出して学力が高い子は多くありませんし、逆に色々な面で課題と向き合ってきた子の割合が高かったわけですが、

その課題をどの子も着々と、少しずつ、コツコツと消化して、文字通り一歩ずつ前進してきてくれています。

例えば典型的なのが、「U君1号」ははじめはノートの使い方はおろか、宿題は写してくる、まず目を見て話を聞けない…

そんな課題だらけだった春から、春期講習を経て宿題をきちんとやるようになり、初夏にはノートの使い方を覚え、夏には(ムラはあるけど)話を聞けるようになり…

そして現在は「うっかり計算間違い」および「約分できるよその分数」に絶賛苦戦中なわけですが(苦笑)(^^;)

それでも、春とは別人のように一生懸命勉強に向かってくれています。(←何より楽しそうに授業を受けてくれるのが本当に嬉しいのです(^^)v)

一例を挙げたのは「U君1号」ですが、「Y・S」も「Rちゃん」も「T・S君」も、夏前から加わった「U君2号」も…(最近テスト持ってこないな~(-_-))

時には厳しく叱責されながらも、素直に言うことを聞いて、めっちゃ素直に頑張ってくれて、成長できた1年だったように思います。

また、「のんちゃん」「Mきちゃん」「すみP」「あっきぃ」は切磋琢磨しながらどんどん上のステージを目指して頑張ってくれていますし←この子たちの関係は本当に羨ましいな!

「みれP」に至っては、スポンジのように知識をグングン吸収した結果、「いつの間にこんなにできるように?」と自分の見積もりをすでに超えて行ったりして…←君は君でまだまだ課題があるから調子には乗るなよな!(-_-)

春期講習の時点で、今年の5年生はひかえめに言ってヤバすぎる(※個性が強すぎるという意味も含めて(笑))と巨大な危機感を覚えてスタートしましたが、改めて子どもの可能性に気づかされる一年だったように思います。

そのくらい、彼ら・彼女らは頑張って、ここまでで大きく成長してくれたと思います。

同時に、大人が本気で伝えようとしたことに、子どもはきちんと耳を傾けてくれるということを改めて私自身に教えてくれた…

そういった意味で、彼ら・彼女らには本当に感謝しています。

まだまだ課題は山積みですので、みんなも私も絶対に現状に満足することなく、惰性になることなく。

来年もフルスロットルで頑張りましょう。



と、いうわけで、フルスロットルでどのページをやれば良いかわからなくなってしまった忘れんぼうさんは、なるべく早めに塾に取りに来て下さいね\(-o-)/(笑)

21日~24日は完全休塾ですので…

お願いします。

Kすけ、頑張って来いよ!

不安もあるだろうけど、それは準備をたくさんした証拠。

まず、今の自分の100%を発揮できるようにしっかり集中して、最後まであきらめずに見直しをしてくれ。



さて、表題の通り全中学校の定期テストⅢおよびⅡの対策特訓を終えました。

痛感したことと言えば思っている以上に基本の徹底ができていないということ

例えば、パスポートやToDoリストに既習範囲を記録すること。

記録の際は完成度が分かるように○とか△とか×とかを書くこと←コレは全員強制にしていませんが上位一定の層しか…(-_-)

例えば、間違えた問題の問題番号に、チェックを入れることすら、です。

基本がままならない、ただの勉強もどきになってしまっている子も複数見られました。

その都度修正したとしても、表面的なもので、次の日には、あるいは1時間後にはもとの状態に戻ってしまっていたり…

そう、そういう出来事を通して、

思った以上に伝わっていない

と痛感したのでした。

もちろん全員じゃないですし、結果的に2年生の上位陣は凄まじい結果を出してくれましたし

(これはもう完全に本人たちの独力だと言っていいでしょう(^^)次回も期待してるぞ)

この結果が自信につながったであろう子もそれこそ複数います。

今度は火種が燻っている子たちを煽がねばなりません。

楽して点数を取る方法はない!

よって、楽して点数を取らせる方法はない。

よって、まだまだ、頑張らせて頂きます。

対策特訓始まっています。Twitterで様子を発信していますので、今まで「塾内の様子の発信」を目的にブログをご覧になっていた保護者様は、是非Twitterを見て欲しいです。

アカウントが無くても、アプリが無くてもTwitterの閲覧ができることが意外と知られていないので、このブログ内で何とか表示できるようにしたいのですが、今のところスタイリッシュな方法が思いつきません。

iPhoneならSafari、Android端末でもWeb閲覧用のアプリで見れるのです。。。



New Entries